News

2020/11/30

国際展示会 ASIAWATER 2020 にて、開会式直後のトピック「Water Sector Transformation 4.0」に古米教授がパネリストとして登壇し、口頭発表・質疑応答を行いました。

2020/11/09

国際学会WET2020(11/7-8, Online)では当研究室関係から4件のポスター発表(Poopipattana & Furumai, Rahmatika et al., VU & Kasuga, Torii et al.)があり、その全てが ベストポスター賞(14件/132件)に選ばれました!

2020/11/07

水と環境技術の分野への科学的貢献を称えるために優れた論文に与えられる The WET Excellent Paper Award を2019年に受賞したIftitaさんが、国際会議WET2020の開会式で 表彰 され、スピーチを行いました。

2020/10/30
当研究室の メンバー研究業績 の情報を更新しました。
2020/10/05

8th IWA MEWE Specialist Conference (Hiroshima, 2019.11)でベストポスター賞を受賞した報告として、Iftitaさんの研究紹介が会員限定のIWAネット機関紙「IWA Connect」に掲載されました。

Iftita Rahmatika*, I. Kasuga, F. Kurisu, H. Furumai (2019) Evaluation of organic compounds migrated from polyethylene and their impacts on microbial regrowth in drinking water

2020/09/15

公益財団法人 日本学術協会財団発行の総合学術誌「学術の動向」2020年9月号の連載企画「学術と社会の未来を考える」に春日准教授執筆の記事「環境工学から考える学術と社会の未来」(全5ページ)が掲載されました。

2020/08/03

水道産業新聞「私の卒論 ‐上下水道分野で活躍する学識者の"原点"を確認‐」シリーズ第1回目として、古米教授執筆の記事が掲載されました。(7/30付、第1面)

2020/07/31

栗栖太准教授が下記の論文で、日本水環境学会の2019年論文賞を受賞しました。

論文賞主要対象論文: Phanwatt Phungsai, Futoshi Kurisu, Ikuro Kasuga and Hiroaki Furumai (2019) Molecular characteristics of dissolved organic matter transformed by O3 and O3/H2O2 treatments and the effects on formation of unknown disinfection by-products, Water Research, 159, 214-222.
対象関連論文1対象関連論文2

2020/03/18

第54回水環境学会年会(誌上発表)で、鈴木さんと上原さんが受賞しました。

鈴木元彬,Poopipattana Chomphunut,片山浩之,古米弘明(2020)台場周辺海域における太陽光と塩分による不活化を考慮した糞便指標微生物の挙動解析,第54回日本水環境学会年会,p.25.【誌上発表】【クリタ賞】

上原悠太郎,石井淑大,栗栖太,春日郁朗,古米弘明(2020)入間川の溶存有機物による大腸菌の増殖ポテンシャルと増殖基質のノンターゲット分析,第54回日本水環境学会年会,p.603.【誌上発表】【ライオン賞】

2020/01/09

第55回環境工学研究フォーラムで、論文賞を受賞しました。

賀須井直規,中谷隼,春日郁朗,古米弘明(2018)数理最適化を用いた広域化水道システムの長期運用・更新計画立案の手法開発,土木学会論文集(G), III_111-III_122.

2020/01/09

8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference(11月17-20日@広島)で、Iftita RahmatikaさんがBest Poster Awardを受賞しました。

2019/09/10

第22回水環境学会シンポジウムで、下記の論文が水環境学会年間優秀論文賞(メタウォーター賞)を受賞しました。

Poopipatta Chomphunnut, Misaki Nakajima, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu, Hiroyuki Katayama, Hiroaki Furumai (2018) Spatial-temporal distribution of PPCPs and microbial fecal indicators as sewage pollution markers in Tokyo coastal area after rainfall events, Journal of Water and Environment Technology, Vol.16, No.3, pp.149-160.

2019/07/14

水環境学会WET2019(2019/7/13-14)において、Iftita RahmatikaさんがExcellent presentation awardを受賞しました。

2019/04/01

2018年4月1日 片山浩之先生が教授に昇進し、都市衛生工学研究室を立ち上げました。これに伴い、井上健太郎さん、Canh君、鳥居君、安井さん、関さん、中川さんも同研究室に移籍しました。

2019/03/10

2019年3月8日 M2の中嶌泰介君が、第53回水環境学会年会でクリタ賞を受賞しました。

2018/09/01

2018年9月1日、片山准教授が日越大学(ハノイ)環境工学プログラムから帰任しました。後任として、春日准教授がJICA長期派遣専門家として日越大学環境工学プログラムに赴任しました。

2018/06/13

2018年6月13日 古米教授が平成30年度環境省「環境保全功労者表彰」を受賞しました。

2018/06/12

2018年6月12日 日本水環境学会総会で古米教授が「日本水環境学会学会賞」を受賞しました。