栗栖 太 准教授


略歴

  • 1990.3 広島学院高等学校卒業
  • 1994.3 東京大学工学部都市工学科卒業
  • 1999.3 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了
  • 1999.4 東京大学 助手(大学院工学系研究科都市工学専攻)
  • 2000.4 大学院工学系研究科附属水環境制御研究センター(新設)へ配置換
  • 2003.3 東京大学 講師(大学院工学系研究科附属水環境制御研究センター)
  • 2007.10 東京大学 准教授(大学院工学系研究科附属水環境制御研究センター)

▲上へ戻る

研究課題

環境を守るため、または人間による水利用のための工学技術のなかで、微生物の役割が期待されたり、微生物の増殖が問題となるケースにおける微生物生態に関する研究を中心に展開しています。微生物生態系の機構を解明して制御に役立てるため、分子生物学的手法と化学分析、トレーサー技術を活用した解析を行っています。

近年の主な研究テーマ:

1)精密質量分析計を用いた有機物分析による水処理プロセスの解析と環境管理への応用

 浄水、下水、環境水にはきわめて多種多様な有機物が溶存しています。環境中や水処理における微生物学的、物理化学的プロセスにより、どのように変化するかを解析することで、各プロセス制御に生かしたり、より網羅的に環境管理を進めていくことを目的としています。

2)生物学的水処理プロセスにおける微生物群集と機能の解析

 微生物生態系は、様々な水処理に適用されていますが、その生態系構造と機能の関係はほとんどにおいていまだブラックボックスです。生態系を理解し、処理プロセスの制御につなげる研究を行っています。

3)水利用システムにおける微生物再増殖の制御

 水利用を行う際には、水処理プロセスにおいて消毒などにより微生物の増殖が抑制されています。微生物の増殖をより効果的に抑制するために、増殖基質となる有機物を解析し制御するための研究を行っています。

4)揮発性有機化合物による水環境及び土壌環境汚染のバイオレメディエーション

 省エネルギー・省資源の浄化技術開発が、土壌地下水汚染問題解決のための大きな鍵となります。我々はベンゼンの嫌気条件における分解技術を確立すべく、ベンゼン分解微生物の解析や分解促進手法の開発に関する研究を行っています。

▲上へ戻る

研究論文

  • Warangkana Na Phatthalung, Oramas Suttinun, Phanwatt Phungsai, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu, Hiroaki Furumai, Charongpun Musikavong. (2021) Non-target screening of dissolved organic matter in raw water, coagulated water, and chlorinated water by Orbitrap mass spectrometry, Chemosphere Vol 264, Part 2, 128437. New!
  • Phanwatt Phungsai, Futoshi Kurisu, Ikuro Kasuga, Hiroaki Furumai (2021) Changes in dissolved organic matter during water treatment by sequential solid-phase extraction and unknown screening analysis, Chemosphere Vol 263, 128278. New!
  • Ishii, Y., Kurisu, F., Kasuga, I. and Furumai, H. (2020) Competition for growth substrates in river water between Escherichia coli and indigenous bacteria illustrated by high resolution mass spectrometry. Letters in Applied Microbiology. (Accepted) New!
  • Sangsanont, J., Kurisu, F., Furumai, H., Katayama, H. (2020) Ozone disinfection kinetics of poliovirus 1 determined by cell culture assay, RT-qPCR and ethidium monoazide qPCR reduction in a continuous quench-flow reactor. Journal of Applied Microbiology. (In press) New!
  • Kasuga, I., Suzuki, M., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Molecular-level characterization of biodegradable organic matter causing microbial regrowth in drinking water by non-target screening using Orbitrap mass spectrometry. Water Research 184, 116130. New!
  • 石井淑大, 栗栖太, 畠山準, 春日郁朗 and 古米弘明 (2020) 入間川へ流入する有機汚濁物質と浄水処理後の残留状況のノンターゲットスクリーニング分析. 環境科学会誌 33 (5), 79-89. New!
  • Jantarakasem, C., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Temperature-Dependent Ammonium Removal Capacity of Biological Activated Carbon Used in a Full-Scale Drinking Water Treatment Plant. Environmental Science & Technology 54(20), 13257-13263. New!
  • Yuthawong, V., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Application of Orbitrap Mass Spectrometry to Investigate Seasonal Variations of Dissolved Organic Matter Composition in a Eutrophic Lake in Japan. Environmental Science: Water Research & Technology 6(7), 1816-1827.
  • Kasuga, I., Yuthawong, V., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Molecular-level Comparison of Dissolved Organic Matter in 11 Major Lakes in Japan by Orbitrap Mass Spectrometry. Water Supply 20(4): 1271-1280.
  • Nittami, T., Kasakura, R., Kobayashi, T., Suzuki, K., Koshiba, Y., Fukuda, J., Takeda, M., Tobino, T., Kurisu, F., Rice, D., Petrovski, S. and Seviour, R.J. (2020) Exploring the operating factors controlling Kouleothrix (type 1851), the dominant filamentous bacterial population, in a full-scale A2O plant. Scientific Reports 10(1).
  • Kumar, M., Furumai, H., Kasuga, I. and Kurisu, F. (2020) Metal partitioning and leaching vulnerability in soil, soakaway sediments, and road dust in the urban area of Japan. Chemosphere 252.
  • Rahmatika, I., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Impacts of organic matter migrating from pipe materials on microbial regrowth in drinking water. Journal of Water and Environment Technology 18(1), 45-53.
  • ▲研究論文へ戻る▲上へ戻る

  • Yuthawong, V., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2019) Molecular-level changes in dissolved organic matter compositions of Lake Inba water by KMnO4 oxidation assessed by Orbitrap mass spectrometry. Journal of Water and Environment Technology 17(1), 27-39.
  • Yongpisanphop, J., Babel, S., Kurisu, F., Kruatrachue, M. and Pokethitiyook, P. (2019) Isolation and characterization of Pb-resistant plant growth promoting endophytic bacteria and their role in Pb accumulation by fast-growing trees. Environmental Technology.
  • UDDIN, M.M., KURISU, F., KASUGA, I., FURUMAI, H. and Islam, S.M.A. (2019) Potential of biological arsenite oxidation in sand filtration units at arsenic–iron removal plants (AIRPs) in Bangladesh. Applied Water Science 9, 48.
  • Phungsai, P., Kurisu, F., Kasuga, I. and Furumai, H. (2019) Molecular characteristics of dissolved organic matter transformed by O3 and O3/H2O2 treatments and the effects on formation of unknown disinfection by-products. Water Research 159, 214-222.
  • Niu, J., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2019) Growth competition between ammonia-oxidizing archaea and bacteria for ammonium and urea in a biological activated carbon filter used for drinking water treatment. Environmental Science: Water Research & Technology 5, 231-238.
  • Nittami, T., Shoji, T., Koshiba, Y., Noguchi, M., oshiki, M., Kuroda, M., Kindaichi, T., Fukuda, J. and Kurisu, F. (2019) Investigation of prospective factors that control Kouleothrix (Type 1851) filamentous bacterial abundance and their correlation with sludge settleability in full-scale wastewater treatment plants. Process Safety and Environmental Protection 124, 137-142.
  • ▲研究論文へ戻る▲上へ戻る

  • 吉川美穂, 張銘, 栗栖太, 豊田剛己 (2018) 嫌気・好気連続処理におけるトルエン、ベンゼン及びジクロロメタンの好気分解微生物の安定同位体プローブ法による同定. 土木学会論文集G(環境) 74(3), 117-125.
  • Pornkulwat, P., Kurisu, F., Soonglerdsongpha, S., Banjongproo, P., Srithep, P. and Limpiyakorn, T. (2018) Incorporation of 13C-HCO3- by ammonia-oxidizing archaea and bacteria during ammonia oxidation of sludge from a municipal wastewater treatment plant. Applied Microbiology and Biotechnology 102(24), 10767-10777.
  • Poopipattana, C., Nakajima, M., Kasuga, I., Kurisu, F., Katayama, H. and Furumai, H. (2018) Spatial Distribution and Temporal Change of PPCPs and Microbial Fecal Indicators as Sewage Markers after Rainfall Events in the Coastal Area of Tokyo. Journal of Water and Environment Technology 16(3), 149-160.
  • Phungsai, P., Kurisu, F., Kasuga, I. and Furumai, H. (2018) Changes in Dissolved Organic Matter Composition and Disinfection Byproduct Precursors in Advanced Drinking Water Treatment Processes. Environmental Science & Technology 52(6), 3392–3401.
  • Niu, J., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2018) Effects of backwashing on granular activated carbon with ammonium removal potential in a full-scale drinking water purification plant. Water 10, 1830.
  • Chutivisut, P., Isobe, K., Powtongsook, S., Pungrasmi, W. and Kurisu, F. (2018) Distinct Microbial Community Performing Dissimilatory Nitrate Reduction to Ammonium (DNRA) in a High C/NO3- Reactor. Microbes and Environments 33(3), 264-271.

2017年以前の研究論文へ▲研究論文へ戻る▲上へ戻る

総説・解説

  • 栗栖太 (2017) メタン生成条件におけるベンゼンの嫌気的生物分解. 環境技術 46(2), 15-20.
  • 春日郁朗、栗栖太 (2016) フーリエ変換質量分析計による未知スクリーニング分析を活用した水処理プロセスの評価. 水環境学会誌 39(10), 380-383.
  • 春日郁朗、栗栖太 (2016) 流域レベルでの溶存有機物(DOM)管理に向けた新たな展開. EiCA(環境システム計測学会学会誌) 21(1), 2-6.
  • Kurisu F (2008) Bioremediation of Groundwater and Soil in Urban Areas. In: Takizawa S. (ed.) Groundwater Management in Asian Cities - Technology and Policy for Sustainability; : Springer, ; . p.207-221.
  • Mohiuddin Md. Taimur Khan, Warren Jones, Anne Camper, Satoshi Takizawa, Hiroyuki Katayama, Futoshi Kurisu and Shinichiro Ohgaki (2007) Powdered activated carbon and biofiltration improve MF performance: Part I. Membrane Technology, 2007, 5, 7-10
  • 矢木修身・岩崎一弘・栗栖太 (2001) 原位置バイオレメディエーション技術を用いた揮発性有機塩素化合物汚染土壌・地下水の浄化. 環境バイオテクノロジー学会誌、1、1、15-24

書籍編集

  • Kurisu, F., Ramanathan, A., Kazmi, A.A. and Kumar, M. (eds) (2016) Trends in Asian Water Environment Science and Technology, Springer, India.
  • Kensuke Fukushi, Futoshi Kurisu, Kumiko Oguma, Hiroaki Furumai, and Psyche Fontanos. (2010) Southeast Asia Water Environment 4; IWA Publishing, UK
  • S. Takizawa, H. Satoh and F. Kurisu. (2009) Southeast Asia Water Environment 3; IWA Publishing, UK
  • H. Furumai, H. Katayama, F. Kurisu, H.Satoh, S. Ohgaki and N.C. Thanh. (2007) Southeast Asia Water Environment 2; IWA Publishing, UK

特許

  • 特許 2004-377462: ダイオキシン類分解能を有する新規微生物およびダイオキシン類分解方法, 加治 孝司、森 建二、矢木 修身、栗栖 太、小柳津 広志、山副 敦司
  • 特許 2004-094354: 核酸、ハロゲン化ダイオキシン類分解微生物検出用プローブ、ハロゲン化ダイオキシン類分解微生物の検出方法並びにハロゲン化ダイオキシン類の分解方法, 畠 俊郎、小橋 秀俊、桑野 玲子、森 啓年、矢木 修身、栗栖 太
  • 特許 2004-377486: ダイオキシン類分解能を有する新規微生物およびダイオキシン類分解方法, 加治 孝司、森 建二、矢木 修身、栗栖 太
  • ▲上へ戻る

受賞など

  • 2019年日本水環境学会論文賞 主要対象論文対象関連論文1対象関連論文2(令和2年6月)New!
  • 2019年度日本水環境学会水環境国際活動賞(いであ活動賞)翌年度開催の第8回IWA微生物生態と水環境工学専門家国際会議に対し(令和元年3月)
  • 2018年日本水環境学会年間優秀論文賞(メタウォーター賞)共著論文(令和元年9月)
  • WET2016, 日本水環境学会WET Excellent Paper Award 共著論文(平成28年度8月)
  • 平成22年度クリタ水・環境科学研究優秀賞(平成22年6月)
  • 平成14年度武田研究奨励賞優秀研究賞(共同研究者として参画・研究代表者:岩崎一弘(国立環境研究所))(平成14年11月)
  • 平成12年度土木学会論文奨励賞(佐藤弘泰とともに受賞・土木学会論文集、VII-13、pp.23-34に対し)(平成13年5月)
  • 平成10年度土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰(平成10年11月)
  • ▲上へ戻る

講義紹介

環境微生物工学(学部3年)

 環境問題を扱う上で、微生物の役割は非常に大きい。自然環境の状況は微生物の代謝によって支配される部分も大きい。また環境問題の対策技術には、微生物の能力を用いたものも多い。環境工学を専門とする上で必要となる基礎的な微生物学の知識と、その知識の応用先、応用方法について講義します。

環境微生物工学特論E(大学院)

 環境微生物工学の基礎知識をベースとしながら、環境微生物生態系の解析手法や生態系の例、物質循環における微生物の寄与などを扱う、英語の講義です。
 そのほか、必修科目である環境工学演習や、輪講などを担当します。

都市環境工学演習B第1(学部3年)

 河川流域の流出解析と、汚濁負荷解析を行います。前者は水の量を、後者は水の質を予測評価するために必須の手法であり、考え方は単なる水質の予測にとどまらず、さまざまな環境問題の解析に応用できるものです。

▲上へ戻る