古米 弘明 教授

略歴

  • 昭和54年(1979) 3月 東京大学工学部都市工学科 卒業
  • 昭和59年(1984) 3月 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程 修了
  • 昭和59年(1984) 4月 東北大学工学部 助手 土木工学科
  • 昭和61年(1986) 4月 九州大学工学部 助手 水工土木学科
  • 昭和63年(1988) 7月 同上 助教授
  • 平成 2年(1990) 4月~平成 3年(1991) 3月 
              スタンフォード大学及びイリノイ大学 客員研究員
  • 平成 3年(1991)10月 茨城大学工学部 助教授 都市システム工学科
  • 平成 9年(1997) 2月 東京大学大学院工学系研究科 助教授 都市工学専攻
  • 平成10年(1998) 6月 東京大学大学院工学系研究科 教授 都市工学専攻
  • 平成12年(2000) 4月~平成13年(2001) 1月 
              オレゴン州立大学及びEAWAG(スイス) 客員研究員
  • 平成15年(2003) 4月~平成16年(2004) 3月 水環境制御研究センターセンター長(兼任)
  • 平成18年(2006) 4月 東京大学大学院工学系研究科 教授 水環境制御研究センター
  • 現在に至る。

学位

  • 工学博士(都市工学)、東京大学 1984
  • 工学修士(都市工学)、東京大学 1981

所属学会

  • 国際水協会  International Water Association (IWA).
  • 米国水環境連盟 Water Environment Federation (WEF).
  • 土木学会 Japan Society of Civil Engineers (JSCE).
  • 日本水環境学会  Japan Society on Water Environment (JSWE).
  • 日本水道協会  Japan Water Works Association (JWWA).
  • 日本下水道協会  Japan Sewage Works Association (JSWA).
  • 環境科学会  Society of Environmental Science, Japan.

▲上へ戻る

講義

大学院

  • 716-44 環境水質工学特論(Advanced Water Quality Engineering)
  • 716-94 Fundamentals of Water Pollution Control(水質汚濁制御基礎E)※隔年開講

学部

  • 3年夏 水環境学
  • 3年冬 上下水道システム

研究課題

  • 都市雨水流出抑制や雨天時汚濁解析
  • 水道水源としての貯水池や河川の水質評価
  • 小規模下水処理プロセスの解析とモデルによる最適制御

【具体的な現在のテーマ】

  • GISを利用した分布型モデルによる雨天時流出汚濁負荷の解析
  • 都市浸水解析における修正 RRL法と商用分布型モデルの比較
  • 微量汚染物質( PAHや重金属)の路面堆積と流出過程
  • 感潮域底泥における PAHの分布とゴカイへの蓄積
  • 水道水源ダム湖における自然由来有機物の構造と特性評価
  • 湖沼水の浄水処理プロセス(凝集・AOP)における溶存有機物の挙動
  • 分子生物学的手法を用いた湖沼における藻類を中心とした微生物生態構造の解明
  • 回分式活性汚泥処理プロセスモデルによる栄養塩類除去の最適運転管理
  • DGGE法とキノンプロファイル法による嫌気好気活性汚泥の微生物構造解析
  • 下水中の有機物組成の栄養塩類除去からの見た特性評価

【その他のテーマ】

  • 回分式活性汚泥法における脱窒を考慮した沈殿モデル
  • 硫黄脱窒細菌を利用した硝酸塩除去プロセスの開発
  • 硝化反応由来のSMP(溶存微生物代謝産物)を介した微生物動力学
  • 地方都市河川における瀬と淵における生態系構造評価
  • 生態工学的視点からの河川土木技術の整理・分類

▲上へ戻る

最近の研究論文

2020年

Vu Duc Canh, Shotaro Torii, Hiroaki Furumai, and Hiroyuki Katayama (2021) Application of Capsid Integrity (RT-)qPCR to Assessing Occurrence of Intact Viruses in Surface Water and Tap Water in Japan, Water Research, Vol. 189, 116674. New!

Warangkana Na Phatthalung, Oramas Suttinun, Phanwatt Phungsai, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu, Hiroaki Furumai, Charongpun Musikavong. (2021) Non-target screening of dissolved organic matter in raw water, coagulated water, and chlorinated water by Orbitrap mass spectrometry, Chemosphere Vol 264, Part 2, 128437. New!

Phanwatt Phungsai, Futoshi Kurisu, Ikuro Kasuga, Hiroaki Furumai (2021) Changes in dissolved organic matter during water treatment by sequential solid-phase extraction and unknown screening analysis, Chemosphere Vol 263, 128278. New!

Ishii, Y., Kurisu, F., Kasuga, I. and Furumai, H. (2020) Competition for growth substrates in river water between Escherichia coli and indigenous bacteria illustrated by high resolution mass spectrometry, Letters in Applied Microbiology. (Accepted) New!

Sangsanont, J., Kurisu, F., Furumai, H., Katayama, H. (2020) Ozone disinfection kinetics of poliovirus 1 determined by cell culture assay, RT-qPCR and ethidium monoazide qPCR reduction in a continuous quench-flow reactor, Journal of Applied Microbiology, 129(6), pp.1530-1540. New!

Shotaro Torii, Hiroaki Furumai, Hiroyuki Katayama. (2020) Applicability of polyethylene glycol precipitation followed by acid guanidinium thiocyanate-phenol-chloroform extraction for the detection of SARS-CoV-2 RNA from municipal wastewater, Science of the Total Environment, 143067. New!

Chomphunut Poopipattana, Motoaki Suzuki, Hiroaki Furumai. (2020) Impact of long-duration CSO events under different tidal change conditions on distribution of microbial indicators and PPCPs in Sumida river estuary of Tokyo Bay, Japan. Environmental Science and Pollution Research. (Published online) New!

Kasuga, I., Suzuki, M., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Molecular-level characterization of biodegradable organic matter causing microbial regrowth in drinking water by non-target screening using Orbitrap mass spectrometry, Water Research 184, 116130. New!

石井淑大, 栗栖太, 畠山準, 春日郁朗 and 古米弘明 (2020) 入間川へ流入する有機汚濁物質と浄水処理後の残留状況のノンターゲットスクリーニング分析. 環境科学会誌 33 (5), 79-89. New!

Chotiwat Jantarakasem, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu, Hiroaki Furumai (2020) Temperature-Dependent Ammonium Removal Capacity of Biological Activated Carbon Used in a Full-Scale Drinking Water Treatment Plant, Environmental Science & Technology 54(20), 13257-13263. New!

Yuthawong, V., Kasuga, I., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Application of Orbitrap Mass Spectrometry to Investigate Seasonal Variations of Dissolved Organic Matter Composition in a Eutrophic Lake in Japan. Environmental Science: Water Research & Technology 6(7), 1816-1827.

Kasuga, I., Yuthawong, V., Kurisu, F. and Furumai, H. (2020) Molecular-level Comparison of Dissolved Organic Matter in 11 Major Lakes in Japan by Orbitrap Mass Spectrometry. Water Supply 20(4): 1271-1280.

Kumar, M., Furumai, H., Kasuga, I. and Kurisu, F. (2020) Metal partitioning and leaching vulnerability in soil, soakaway sediments, and road dust in the urban area of Japan, Chemosphere, 252.

Inoue, K., Asami, T., Shibata, T., Furumai, H., Katayama, H. (2020) Spatial and temporal profiles of enteric viruses in the coastal waters of Tokyo Bay during and after a series of rainfall events, Science of The Total Environment, 727.

Hata, A., Furumai, H., Katayama, H. (2020) Sequential treatment using a hydrophobic resin and gel filtration to improve viral gene quantification from highly complex environmental concentrates, Water Research, 174.

Iftita Rahmatika, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu, and Hiroaki Furumai (2020) Impacts of organic matter migrating from pipe materials on microbial regrowth in drinking water, Journal of Water and Environment Technology, 18(1), pp.45-53.

▲最近の研究論文へ戻る▲上へ戻る

2019年

Torii, Shotaro, Hashimoto, Takashi, An Thuan Do, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2019) Repeated pressurization as a potential cause of deterioration in virus removal by aged reverse osmosis membrane used in households, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 695.

渋尾 欣弘, 呉 連慧, 田島 芳満, 山崎 大, 佐貫 宏, 古米 弘明 (2019) 管渠水位の事前計算データバンクを用いたデータ同化による浸水解析の精度向上とポンプ操作の感度分析, 水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE, 64, pp.I_199-204.

Kumar, Manish, Ram, Bhagwana, Honda, Ryo, Poopipattana, Chomphunut, Vu Duc Canh, Chaminda, Tushara, Furumai, Hiroaki (2019) Concurrence of antibiotic resistant bacteria (ARB), viruses, pharmaceuticals and personal care products (PPCPs) in ambient waters of Guwahati, India: Urban vulnerability and resilience perspective, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 693.

Wu L., Y. Tajima, D. Yamazaki, Y. Shibuo, H. Sanuki, and H. Furumai (2019) Development of Real-time Assimilation Model for Prediction of Inundation on Urbanized Coastal Lowland, Proceedings of the 10th International Conference on Asian and Pacific Coasts, pp.1343-1349.

Vu Duc Canh, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2019) Removal of pepper mild mottle virus by full-scale microfiltration and slow sand filtration plants, NPJ CLEAN WATER, 2.

Phungsai, Phanwatt, Kurisu, Futoshi, Kasuga, Ikuro, Furumai, Hiroaki (2019) Molecular characteristics of dissolved organic matter transformed by O-3 and O-3/H2O2 treatments and the effects on formation of unknown disinfection by-products, WATER RESEARCH, 159, pp.214-222.

Khanal, Rajendra, Furumai, Hiroaki, Nakajima, Fumiyuki, Yoshimura, Chihiro (2019) Impact of holding time on toxicity change of urban road dust during runoff process, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 668, pp.1267-1276.

Torii, Shotaro, Hashimoto, Takashi, An Thuan Do, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2019) Impact of repeated pressurization on virus removal by reverse osmosis membranes for household water treatment, ENVIRONMENTAL SCIENCE-WATER RESEARCH & TECHNOLOGY, 5(5), pp.910-919.

李 星愛, 渋尾 欣弘, 古米 弘明 (2019) 鶴見川流域のポンプ排水区における下水道管渠内水位と電気伝導度の変動特性, 土木学会論文集G(環境), 75(2), pp.55-64.

Vu Duc Canh, Kasuga, Ikuro, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2019) Viability RT-qPCR Combined with Sodium Deoxycholate Pre-treatment for Selective Quantification of Infectious Viruses in Drinking Water Samples, FOOD AND ENVIRONMENTAL VIROLOGY, 11(1), pp.40-51.

Mohammad Mosleh Uddin, Futoshi Kurisu, Ikuro Kasuga, Hiroaki Furumai, S. M. Atiqul Islam (2019) Potential of biological arsenite oxidation in sand filtration units at arsenic–iron removal plants (AIRPs) in Bangladesh, Applied Water Science, 9(48), pp.2-7.

Niu, Jia, Kasuga, Ikuro, Kurisu, Futoshi, Furumai, Hiroaki (2019) Growth competition between ammonia-oxidizing archaea and bacteria for ammonium and urea in a biological activated carbon filter used for drinking water treatment, ENVIRONMENTAL SCIENCE-WATER RESEARCH & TECHNOLOGY, 5(2), pp.231-238.

Vitharuch Yuthawong, Ikuro Kasuga, Futoshi Kurisu and Hiroaki Furumai (2019) Molecular-level changes in dissolved organic matter compositions of Lake Inba water by KMnO4 oxidation assessed by Orbitrap mass spectrometry, Journal of Water and Environment Technology, 17(1), pp.27-39.

Vu Duc Canh, Osawa, Hideki, Inoue, Kentaro, Kasuga, Ikuro, Takizawa, Satoshi, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2019) Ferrihydrite treatment to mitigate inhibition of RT-qPCR virus detection from large-volume environmental water samples, JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS, 263, pp.60-67.

渋尾 欣弘, 古米 弘明 (2019) IoTを活用した河川・下水道のシームレスモデルによるリアルタイム浸水予測手法の開発 (特集 下水道分野における情報技術の活用), 下水道協会誌 = Journal of Japan Sewage Works Association, 56(675), pp.32-34.

▲最近の研究論文へ戻る▲上へ戻る

2018年

Poopipattana, C., Nakajima, M., Kasuga, I., Kurisu, F., Katayama, H., Furumai, H. (2018) Spatial distribution and temporal change of PPCPs and microbial fecal indicators as sewage markers after rainfall events in the coastal area of Tokyo, Journal of Water and Environment Technology, 16(3), pp.149-160.

Vu-Duc Canh, Ikuro Kasuga, Hiroaki Furumai, and Hiroyuki Katayama (2018) Impact of various humic acids on EMA-RT-qPCR to selectively detect intact viruses in drinking water, Journal of Water and Environment Technology, 16(2), pp.83-93.

鈴木 元彬, POOPIPATTANA Chomphunut, 春日 郁朗, 古米 弘明 (2018) 隅田川上流部から台場周辺海域における降雨後の糞便汚染状況と指標微生物の相互関係, 土木学会論文集G(環境), 74(7), pp.III_169-III_179.

賀須井 直規, 中谷 隼, 春日 郁朗, 古米 弘明 (2018) 数理最適化を用いた広域化水道システムの長期運用・更新計画立案の手法開発, 土木学会論文集G(環境), 74(7), pp.III_111-III_122.

李 星愛, 古米 弘明 (2018) 管渠集約区域の排水能力を考慮した下水道ネットワークモデルの実時間浸水解析への適用, 下水道協会誌, 55(670), pp.116-123.

李 星愛, 古米 弘明 (2018) 管渠が集約化された排水区の流出過程に適用する非線形貯留池モデルパラメータの補正方法, 下水道協会誌, 55(664), pp.80-86.

渋尾 欣弘, 李 星愛, 佐貫 宏, 吉村 耕平, 田島 芳満, 佐藤 愼司, 古米 弘明 (2018) XRAINと数値予測雨量の降水特性評価に基づく都市浸水解析, 水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE, 62, pp.I_1381-1386.

渋尾 欣弘, 李 星愛, 佐貫 宏, 吉村 耕平, 田島 芳満, 佐藤 愼司, 古米 弘明 (2018) 河川・下水道の一体解析に基づく河川水位の予測精度向上に関する研究, 水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE, 63, pp.I_1357-1362.

Khanal, Rajendra, Furumai, Hiroaki, Nakajima, Fumiyuki, Yoshimura, Chihiro (2018) Carcinogenic profile, toxicity and source apportionment of polycyclic aromatic hydrocarbons accumulated from urban road dust in Tokyo, Japan, ECOTOXICOLOGY AND ENVIRONMENTAL SAFETY, 165, pp.440-449.

Niu, Jia, Kasuga, Ikuro, Kurisu, Futoshi, Furumai, Hiroaki (2018) Effects of Backwashing on Granular Activated Carbon with Ammonium Removal Potential in a Full-Scale Drinking Water Purification Plant, WATER, 10(12).

Yu, Yang, Zhang, Shangzhong, An, Alicia Kyoungjin, Furumai, Hiroaki (2018) Simple Method for Calculating Hydraulic Behavior of Combined Sewer Overflow from Rainfall Event Data, JOURNAL OF WATER RESOURCES PLANNING AND MANAGEMENT, 144(10).

Zhang, Wei, Dixon, Mike B., Saint, Christopher, Teng, Kar Seng, Furumai, Hiroaki (2018) Electrochemical Biosensing of Algal Toxins in Water: The Current State-of-the-Art, ACS SENSORS, 3(7), pp.1233-1245.

Zhang, Wei, Jia, Baoping, Furumai, Hiroaki (2018) Fabrication of graphene film composite electrochemical biosensor as a pre-screening algal toxin detection tool in the event of water contamination, SCIENTIFIC REPORTS, 8.

Kato, Ryuichi, Asami, Tatsuya, Utagawa, Etsuko, Furumai, Hiroaki, Katayama, Hiroyuki (2018) Pepper mild mottle virus as a process indicator at drinking water treatment plants employing coagulation-sedimentation, rapid sand filtration, ozonation, and biological activated carbon treatments in Japan, WATER RESEARCH, 132, pp.61-70.

Phungsai, Phanwatt, Kurisu, Futoshi, Kasuga, Ikuro, Furumai, Hiroaki (2018) Changes in Dissolved Organic Matter Composition and Disinfection Byproduct Precursors in Advanced Drinking Water Treatment Processes, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 52(6), pp.3392-3401.

2017年以前の研究論文へ▲最近の研究論文へ戻る▲上へ戻る

著書・編書

『Resilience, Response, and Risk in Water Systems』Springer, M. Kumar, F. Munoz-Arriola, H. Furumai, T. Chaminda編(2020)New!

『水システム講義:持続可能な水利用に向けて』東京大学出版会、古米弘明・片山浩之編著(2017)

『水辺のすこやかさ指標"みずしるべ":身近な水環境を育むために』技報堂出版、古米弘明編著;石井誠治[ほか]著(2016)

『Environmental Leadership Capacity Building in Higher Education』Springer, T. Mino・K. Hanaki編(2013)「2. The concept of environmental leader」pp.19-40(分担執筆)

『森林の窒素飽和と流域管理』技報堂出版、古米弘明編著(2012)

『ケイ酸―その由来と行方』技報堂出版、古米弘明・佐藤 和明・山本 晃一(2012)

『cSUR-UT Series: Library for Sustainable Urban Regeneration (6) Innovations in Collaborative Urban Regeneration』Springer(2009)「11. Collaborative Development of Water Environment Quality Index in Japan」pp.165-179

『cSUR-UT Series: Library for Sustainable Urban Regeneration (1) Urban Environment Management and Technology』Springer(2008)「2. Urban Water Use and Multifunctional Sewerage Systems as Urban Infrastructure」pp.29-46

『Southeast Asian Water Environment 2.』IWA Publishing, Furumai H, Katayama H, Kurisu F, Satoh H, Ohgaki S and Thanh NC編著(2007)

『河川と栄養塩類 管理に向けての提言』技報堂出版、大垣眞一郎監修、財団法人河川環境管理財団編(2005)「3 欧州の栄養塩類汚染の動向と欧米の将来対策」pp.71-106,「4.4 河川水における窒素、リン管理の必要性」pp.152-161(分担執筆)

『新・都市計画マニュアルII』[都市施設・公園緑地編 第7巻供給処理施設・河川] 丸善株式会社、日本都市計画学会編(2003)「1-1 下水道にかかわる都市計画の基本的な考え方」、「1-2 計画策定の方法」pp.3-47(分担執筆)

『流域マネジメント 新しい戦略のために』技報堂出版、大垣眞一郎・吉川秀夫監修(2002)「1.3 諸外国の水質環境管理」pp.31-65(分担執筆)

『環境保全・創出のための生態工学』丸善株式会社、岡田光正・大沢雅彦・鈴木基之編著(1999)「5.1 河川生態系の保全と管理」pp.193-210(分担執筆)

『日本の水環境行政』ぎょうせい、(社)日本水環境学会編集(1999)「3.1 環境基準の基準としての特徴」pp.24-25、「3.3 水質環境基準(生活環境項目)」pp.33-42(分担執筆)

『下水道ハンドブック』建設産業調査会、最新下水道ハンドブック編集委員会編(全p1085)(1997)「20.4 水域の富栄養化と微量汚染」pp.1038-1046(分担執筆)

『環境微生物工学研究法』技報堂出版、土木学会衛生工学委員会編(全p417)(1993)「B-1.4 嫌気性混合培養系におけるメタン生成菌の活性量」pp.157-160、「F-8 河川感潮部における硝化活性」pp.333-336(分担執筆)

▲上へ戻る

受賞

  • 【2019年度日本政府観光局(JNTO) 国際会議開催貢献賞 大規模会議部門 2020年2月】New!

    IWA World Water Congress & Exhibition 2018 開催国委員会(委員長:古米弘明)世界98カ国から9,815名が参加し、過去最大規模となった ... 受賞理由の続き

  • 【環境省 環境保全功労者表彰 2018年6月】

    古米弘明:水環境保全の専門家として、中央環境審議会等へ参画し、底層溶存酸素量の環境基準の設定等で水環境行政の発展に多大な貢献を果たした他、日本水環境学会の会長として研究の推進にも顕著な功績があった。

  • 【第55回環境工学研究フォーラム 論文賞 2018年】

    賀須井直規,中谷隼,春日郁朗,古米弘明:数理最適化を用いた広域化水道システムの長期運用・更新計画立案の手法開発,土木学会論文集(G), III_111-III_122 (2018)

  • 【第55回環境工学研究フォーラム 環境技術・プロジェクト賞 2018年】

    「お台場海浜公園における海水浴予報システムの試行運用」(株)東京久栄 北山千鶴,東京大学 李星愛,(株)東京久栄 萩野裕基,NPO法人 海辺つくり研究会 森田健二,東京大学 古米弘明

  • 【日本水環境学会 学会賞 2017年】

    古米弘明:本会の発展に貢献あるいは水環境に係わる分野において特に優れた功績を認められた個人

  • 【平成26年度日本政府観光局(JNTO) 国際会議誘致貢献賞 2014年12月】

    The IWA World Water Congress & Exhibition 2018 Tokyo 招致推進委員会(委員長:古米弘明)東京都、関係学会・協会、コンベンションビューローが結集し、誘致活動を行った ... 受賞理由の続きは3頁目

  • 【日本水環境学会 学術賞 2011年6月】

    古米弘明:都市における雨天時汚濁流出現象に関する研究

  • 【日本水環境学会 年間優秀論文賞(メタウォーター賞) 2009年9月】

    渡部春奈,中島典之,春日郁朗,古米弘明:カイミジンコを用いたバイオアッセイによる都市河川底泥の毒性要因の推定,水環境学会誌,Vol.31,No.11,pp.671-676 (2008)

  • 【下水道協会誌優秀論文(有功賞) 2009年6月】

    金元載, 真名垣聡, 古米弘明, & 中島典之:合流式下水道小排水区における晴天時下水の濃度と負荷量の時間変動特性評価. 下水道協会誌, 45(543), 135-146 (2008)

  • 【日本水環境学会 論文賞 2006年】

    Michio Murakami, Fumiyuki Nakajima, Hiroaki Furumai:Modelling of runoff behaviour of particle-bound polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) from roads and roof, Water research, 38(20), pp.4475-83 (2004)

  • 【環境システム計測制御学会 奨励論文賞 2004年9月】

    豊岡和宏、佐藤茂雄、土屋 玄、谷口文武、古米弘明:数値流体解析と活性汚泥モデルシミュレーションを用いたオキシデーション・ディッチ内溶存酸素濃度分布の基礎的な評価、第16回環境システム計測制御(E I C A)研究発表会論文集(2004)

  • 【日本下水道協会 下水道協会誌奨励賞 2002年6月】

    肱岡靖明、古米弘明、市川 新:下水道台帳データベースと細密数値情報を利用した分布型モデルによる都市雨水流出解析、下水道協会雑誌、Vol.38,No.469,pp.79-90(2001)

  • 【日本水道協会 有効賞 2001年10月】

    中島典之、古米弘明、小松一弘、中川博之:貯水池内溶存有機物の分子量分布およびトリハロメタン生成能の季節変動水道協会雑誌、Vol.69 No.4、31-38(2000)

  • 【月刊「水」 論文賞 2001年4月】

    藤田昌史、古米弘明、中島典之:回分式活性汚泥処理におけるリン除去過程のモデル解析 流入下水の有機物組成と攪拌工程に残存する硝酸性窒素の影響、土木学会環境工学研究論文集、Vol.36、155-165(1999)

  • 【土木学会 論文賞(第2部門) 1995年5月】

    二渡 了、大石京子、古米弘明、楠田哲也:強混合河川感潮部における硝化・脱窒過程に関する研究、土木学会論文集、 No.479 / II-25, p101-110(1993)
    二渡 了、金 元圭、楠田哲也、古米弘明:強混合河川感潮部における硝化・脱窒過程のシミュレーション、土木学会論文集、 No.479 / II-25, p111-120(1993)

  • 【日本水質汚濁研究協会 論文賞(広瀬賞) 1990年3月】

    H. Furumai and S. Ohgaki : Adsorption-Desorption of Phosphorus by Lake Sediments under Anaerobic Conditions, Water Research, Vol.23, No.6, pp.677-683 (1989)
    H. Furumai, T. Kondo, and S. Ohgaki : Phosphorus Exchange Kinetics and Exchangeable Phosphorus Forms in Sediments, Water Research, Vol.23, No.6, pp.685-691 (1989)

その他

学会活動

  • 2003年9月~ 土木学会 教育企画委員会委員
  • 2002年4月~ 日本水道協会 会誌編集委員会委員
  • 2002年4月~ 日本下水道協会 下水道政策流域小委員会委員
  • 2001年4月~ 土木学会 環境システム委員会委員兼幹事
  • 2001年4月~ 土木学会 技術者教育プログラム審査委員会委員
  • 1999年6月~ 日本水環境学会 理事
  • 1998年4月~2000年3月 日本水道協会 会誌編集委員会委員及び抄録委員会委員長
  • 1997年6月~1999年5月 日本水環境学会 編集委員会委員及び編集企画部会長
  • 1997年~ Biodegradation (Kluwer Academic Publishers) 編集委員

教育実績

  • 1984年4月-1986年3月

    東北大学 助手 水理及び水質実験

  • 1986年4月-1991年9月

    九州大学 助手・助教授 下水工学特論第二、土木計測学、下水工学、水工実験

  • 1991年10月-1997年2月

    茨城大学 助教授 水質工学特論、測量学、上下水道工学、リモートセンシング及び環境計測法、水圏科学など

▲上へ戻る